12月15日に開催するシンポジウムについて

皆様
事務局の原です。12月シンポの詳細が決まりましたのでお知らせします。
新潟県中越地震15周年災害資料シンポジウム「繰り返す災害と長く付き合うために」
2019年12月15日(日)13:30~17:00
新潟大学五十嵐キャンパス人文社会科学系棟F棟5階大会議室
(例年の会場とは異なりますのでご注意ください)

登壇者(敬称略)
原直史(新潟大学)、田中洋史(長岡市立中央図書館文書資料室)、田邊幹(新潟県立博物館)、佐藤大介(東北大学災害科学国際研究所)

参加無料・参加登録不要ですが、終了後懇親会参加予定者は下記までメールをください
hara@human.niigata-u.ac.jp

主催:新潟大学災害・復興科学研究所、地震・火山噴火予知研究協議会史料考古部会「日本海塩害地域を中心とした地震・火山現象の解明のための史料収集と解析」グループ
共催:新潟大学人文学部地域文化連携センター、新潟県歴史資料救済ネットワーク、新潟史学会
後援:科学研究費特別推進研究「地域歴史資料学を機軸とした災害列島における地域存続のための地域歴史文化の創成」(代表:神戸大学奥村弘)

チラシのpdfも添付しますので廻りへのご宣伝もよろしくお願いいたします。
pdf版ダウンロード

信州資料ネットの設立について

事務局の原です。先日11/4には大般若経の乾燥作業に長野市立博物館に出かけておりました。連休中は人も多く来たのですが、連休明けの人の集まりを気にしておいででした。条件の合う方は是非長野市立博物館へおいでください。

なおこのたび、信州大学・松本大学・長野市立博物館・長野県立歴史館の有志により「信州資料ネット」が結成されました。ツイッターやフェイスブックで情報を発信していますので、アカウントをお持ちの方は検索してみてください。

また、寄付金用の口座もゆうちょ銀行に開設されたようです。

名称:「信州資料ネット」
記号:11100 番号:42566131
他金融機関の場合
店名:一一八 店番:118 種目:普通預金 口座番号:4256613

新潟史料ネットとしてもまとまった額の寄付をする予定ですが、皆様の中でお志のある方は個々にお願いいたします。

中越地震15年、そしてご報告

新潟県中越地震から15年目の10月23日を迎えました。あらためて犠牲となった皆様に哀悼の意を表しますとともに、避難と復興の日々を乗り越えてこられた皆様に、心からお疲れさまでした、と申し上げます。

当会は、新潟県中越地震をきっかけに結成されましたので、当会も15周年を迎えたことになります。あのとき募金をしてくださった方はじめ、多くの方々の支援でこれまで活動を続けてくることができました。ありがとうございました。

さて、先日お伝えした長野市での史料レスキューへの支援ですが、10月21日に長野市内の2つのお寺から、歴史資料を運び出し、応急処置を施す活動に、新潟史料ネットからも7名が参加いたしました。当日の様子が翌日付の信濃毎日新聞で報道されましたのでご紹介します。

地域の歴史史料「救出」急ぐ

これからも微力ですが支援を続けてまいります。

長野市のレスキュー活動に対する支援について

皆様

この間事務局では、台風19号による県内の被害情報の収集に努めてきましたが、幸い文化財等歴史資料の被害は今のところ認められないようです。

一方で隣県である長野県や福島県等では甚大な被害が出ております。とりわけ長野県には全県を覆ういわゆる史料ネットがなく、個々の自治体等で対応している現状です。

皆様も報道等で見聞しているかと思いますが、中でも長野市周辺の千曲川沿岸の被害は甚大です。事務局の原も10/19にその一部を見て回りました。その長野市ではこのたび、長野市立博物館を中心とした文化財レスキューの体制が組まれ、これまでの交流の経緯から、新潟史料ネットに支援の要請がありました。

つきましては今後新潟史料ネットとしては、長野市への支援に重点的に当たろうと思います。長野は新潟からですと高速で休憩込み片道3時間かかる地ですが、長岡からだともうすこし近く、上越からだとすぐ隣の地域です。皆様よろしくお願い申し上げます。

もちろん新潟はこれで大丈夫というわけではありません。新潟県内でも今後歴史資料の被害の実態が明らかになる可能性があります。新潟県内の情報収集には引き続きあたっていく所存ですので、こちらも情報がありましたらお願いいたします。

台風19号での被害について

台風19号で被害に遭われた方に、心からお見舞い申し上げます。

新潟歴史資料救済ネットワークでは、災害で濡れてしまったり汚損してしまった歴史資料の保全のお手伝いをしています。「なぜ歴史資料?」と思うかもしれませんが、歴史資料の保全は、被災してしまった家や集落のアイデンティティを守り、復興の支えとなるからです。

古い書付・帳面や古いアルバム、古い道具などが水浸しになったとしても、ある程度は修復することができます。安易に処分せずに、下記にご相談ください。

nrescue@s1006.xrea.com

お急ぎの場合右の携帯電話でも結構です 090-7824-6339 (原)

お気軽にご相談ください。

なお友好団体である宮城資料ネットが作成した、ご家庭でできる応急処置のページへのリンクを貼っておきますので、ご参照ください。

被災した歴史資料・文化財の応急処置などへのお願い

台風15号での被災資料保全について

大変に遅くなりましたが、台風15号で被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

新潟ネットとしても千葉県を中心とした台風15号での被災資料保全にたいし、千葉ネットなどを通じて、後方支援をしていきたいと思います。息の長い活動になると思います。

とりわけ、史料ネットや博物館間権威者などに対して、新潟ネットに参加している新潟県立博物館様より、保存用資材等の提供を用意しています。是非下記リンク先をご覧ください。

文化財レスキューへの新潟県立歴史博物館の支援体制について

被災地史の位一日も早い復興をお祈りしております。

長岡市山古志地域での資料整理・保全作業を9月14日(土)に行います。活動の詳細が下記のとおり決まりましたので、参加受け付けを開始します。ぜひご参加ください。

集合日時・場所
2019年9月14日(土)10時30分 旧種苧原小学校(山古志公民館種苧原分館)集合
新潟大学出発班は、8時30分に新潟大学附属図書館前集合・出発(長岡市送迎バスを利用)
終了予定時間 15時30分(予定)、新潟大学附属図書館前帰着17時(予定)

周りの方へのお声がけよろしくお願いします。特に文書館職員・博物館学芸員・歴史研究者の方々へ。参加できる方は、集合場所(新潟大学発のバス利用、もしくは現地集合)の連絡をお願いします。

長岡市山古志地域に保管する歴史資料の保全作業
1.期日 2019年9月14日(土)
2.場所 旧種苧原小学校(山古志公民館種苧原分館)(長岡市山古志種苧原2603)
3.作業内容 歴史資料の整理・保全作業等
※校舎内で作業を行うため内履きを持参してください。
4.募集人員
・新潟大学附属図書館前出発バス利用者(バス定員) 30人
・現地集合 15人
5.日程(予定)
8:30 新潟大学附属図書館前 集合・出発
10:30 旧種苧原小学校(山古志公民館種苧原分館)集合・到着
10:30-12:00 資料整理・保全作業
12:00-13:30 昼食休憩(あまやち会館の特製弁当)
※新潟歴史資料救済ネットワーク会合開催
13:30-15:30 資料整理・保全作業、旧種苧原小学校保管資料の閲覧
現地巡見(木籠メモリアルパーク、やまこし復興交流館「おらたる」等)
15:30 解散(「おらたる」出発)
17:00 新潟大学附属図書館着(予定)

参加登録、お問い合わせは事務局中村(nakamura.moto■human.niigata-u.ac.jp ■を@に変えてください)まで。

村上市旧山北町地域の現況について

6月25日、新潟史料ネットではこのたびの地震で震度6強を記録した村上市のうち旧山北町地域を対象に、概要把握調査を行いました。参加者は新潟大学フェロー矢田俊文さんと私原の二名です。今回は地震後間もないということもあり、文化財・歴史資料の保管状況まで踏み込まず、外部から観察できる概要の調査のみを行いました。

以下、現況の要点です。

・被害が大きいのは大字府屋一帯で屋根のブルーシートなども府屋には多く見られました。しかし一方で、他の大字ではブルーシートなどはほとんど見られない。例えば府屋の隣の堀之内集落でわずかに一件のみ、という形でした。

・国登録有形文化財の旧板垣工務店温出保養所(現豪農の館郷思館)は、外部の損傷はみられませんでした。温出集落の方にうかがったところ、その方の家は壁板に少し損傷があっただけで屋根などはまったく大丈夫だったとのこと。とりわけ、1964年の新潟地震の時は時計や土壁が落ちて大変だったが、それに比べると今回はましであった。との話が興味深いものでした。府屋と温出は2kmほどしかはなれておらず、被害の局地集中が見られることがわかります。

・昼食時によった山形県鼠ヶ関のA飲食店では、室内装飾のほとんどが落ち、割れたりして半分になってしまったとのこと。ただし建物や屋根の損傷はなし。

・地主の館として知られる北黒井集落のS家住宅も外部からみた限りの損傷なし。ご当主(不在・集落の他の方からの情報)も大丈夫だと語っておられた由。

・典型的な文化財の損傷例として府屋高岩寺脇の西国三十三観音(昭和初年制作のもの)の例を掲載します。台座ごと斜めに廻り、一部は台座から落ちているのがわかります。破損は幸い少ないようです。

・国道345号添いの海岸集落は、いずれも目につくような大きな損傷はみられない。

以上です。今後文化財所蔵施設、寺社、個人宅などへの聞き取りが考えられますが、そもそもが過疎地域のため、地震の影響より例えば、『山北町史』に掲載されていた史料がすでに処分されていたなどの例も多く出てきそうです。ネットの力量を勘案しつつ慎重に対応することとします。

雨への対策について

新潟県内梅雨に入ってます。一昨日の地震で土蔵、主屋などの屋根瓦がずれ、雨漏りがするなどのお宅もあるかと思います。

生活部分の対策が第一ですが、代々伝わった古い書き付けや道具などがある場合、シートをかぶせるなど雨対策をしていただけると、その後の処置が楽になります。

なお友好団体である宮城資料ネットが作成した、ご家庭でできる応急処置のページへのリンクを貼っておきますので、ご参照ください。

被災した歴史資料・文化財の応急処置などへのお願い